【人工甘味料の恐怖!】カロリーオフで肥満になる!?

  • LINEで送る

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

「人工甘味料について」

です。

 

 

人工甘味料が含まれる食品は様々あり、なんとなくネガティブなイメージがあると思いますが、今回はもう少し詳しくお伝えしていきます。

 

ズバリ、実際のところ人工甘味料も添加物に分類されるものが多いので、なるべく避けた方が良いです。

 

そしてノンカフェイン・カロリーオフのものに人工甘味料が含まれていたりします。

 

なので「健康やダイエットのためにカロリーオフのものを摂っている」という方は実は健康になっておらず、むしろ肥満への道を突き進んでいる可能性があります。

 

実は人工甘味料には2つの説があります。

それは、

①「人工甘味料を摂ると血糖値が上昇する」という説と

②「人工甘味料は血糖値への影響は低い」という説があります。

 

相反する説なので「どないやねん!」という感じですが

 

重要なことは、それ以外にあります。

 

仮に人工甘味料には血糖値に直接影響しないとします。

しかし人工甘味料という「甘いもの」を摂ったのに、血糖値が上昇しないという矛盾が起き、脳が混乱します。

 

そうすると、もっと「甘いものを摂らなければ」ということになり、ますます「甘いもの」への依存が高まります。

そして、人工甘味料は「コカインよりも依存性が高い」とも言われています!

 

つまり血糖値の上昇に関わらず、人工甘味料には依存性があり、カロリーオフのものでも結果、肥満へと繋がってしまいます。

 

 

人工甘味料とはその名の通り、自然界にあるものではなく、人工的に作られたものなので、人間の消化酵素では分解できないのです。

 

そして人工甘味料の中には発ガン性のある種類のものもあります。

 

人工甘味料を使用されているようなカロリーオフのものや、安いお菓子やチューインガムなどに注意してください。

 

ただ、これほどまでに世の中に人工甘味料が溢れていると、避けるのは難しいので、こういった知識を持ち、バランスをとって行くことが重要になります。

(僕自身、完璧に人工甘味料を避けれていませんし、たまに甘いものは食べたくなるので…^^;)

 

大切なのは、人工甘味料には依存性があり、肥満やあらゆる健康被害のきっかけになるかもしれないという意識を持つことが大切です。

 

健康やダイエット目的でカロリーオフのものを摂っている人は注意してくださいね。

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

Follow me!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*