食生活

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【ホント!?】運動嫌いはダイエットのチャンス!!

こんにちは!

 

岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

運動嫌いはダイエットのチャンス!!

について公開します。

 

みなさま運動はお好きでしょうか?

 

 

僕はもともとバスケ部だったので、嫌いではないのですが、仕事をしているとなかなか機会がないのでどうしても運動から遠ざかってしまいますね^^;

 

運動好きな人、嫌いな人、色々だと思いますが、「運動していないと健康ではない」と思っておられるのであれば「それは違いますよ」ということを本日はお伝えしたいと思います!

 

逆に「運動が嫌い!」という人は健康になれるチャンスがあると思ってください!

(というのは少し大げさですが…笑)

 

 

どういうことかというと、

 

運動習慣のある方で「自分は運動してるから健康だ!」と思っていても、普段の食生活や生活のリズムが乱れていると、あまり意味がありません。

 

 

僕は運動よりも食生活や生活のリズムの方が重要だと考えます。

 

 

なぜかというと…

 

続きを動画で見る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

運動というと走ったりジョギングなどのイメージがあるかと思いますが、普段の生活で歩いたりするだけでも十分運動と言えます。

 

なのでやはり優先順位としては食事や生活リズムの方が高いということになります。

 

もちろんそれに加えて運動すると、より効果的ではありますが、そもそも食生活や生活リズムが整っていないと運動効率も悪いので、まずは食生活が重要です。

 

ただ普段の生活で全く歩いたりもしないというのは別ですが…^^;

 

歩いたり、階段の上り下りくらいはされるかと思いますので、よっぽどでない限り大丈夫かと思います。

 

運動はしているけれど、食生活などが乱れている人よりも、運動の機会はないけど食生活に気をつけているという方はまだマシだと言えます。

 

もちろん運動も食生活もどっちもダメという方は非常にマズいです…^^;

 

内臓に負担がかかりますし、血流も悪くなって関節の痛みなどにも繋がってきたりしますので、最低限食生活には注意した方がいいです!

 

 

食生活に関しては僕のブログで紹介しているので、またチェックしてもらえれば良いかなと思います^ ^

 

本日は「運動不足の方でも食事に気をつければダイエットや健康になるチャンスはある」というところをお伝えしました!

 

あ、あと食生活には「水分」も含まれますので、水もしっかり摂るようにしてくださいね!

 

このあたりを意識して普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【細胞レベルで生まれ変われる!?】オートファジーとは?

こんにちは!

 

岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

細胞レベルで生まれ変われる!?オートファジーとは??

についてです。

 

 

皆さま「オートファジー」という言葉をご存知でしょうか?

 

大隈教授がオートファジーを発見してノーベル賞を受賞しました。

 

 

オートファジーには「自食」という意味があります。

 

 

不要になったタンパク質を食べてアミノ酸などの新しいエネルギーに変えることで、「細胞の若返り」「細胞の活性化」を図るシステムことをオートファジーと言います。

 

 

オートファジーはいつも機能しているのか?というとそうではなく、ある条件下で働きます。

 

それが「飢餓状態」です。

 

 

飢餓状態の時にオートファジーの機能が発揮されます。

 

 

なので絶食していると細胞の若返りが図れるんですが…^^;

 

 

例えば「赤ちゃん」でいうと、胎盤にいるときはお母さんから栄養をもらっていますが、産まれてからおっぱいを吸収できるようになるまでは、いわゆる絶食の状態になります。

 

なぜそれでも平気なのか?というと、

この「オートファジー」の機能を使っていると言われています。

 

 

大人になると絶食することがないので、飢餓状態になることはないかと思います。

 

最近では「断食」をして意図的に飢餓状態に持っていき、オートファジーの作用を促そうとする試みがありますが、

 

ただ水だけの断食は危険なのでやめてください!

 

 

健康的に「断食」をするにはこのような方法があります。

 

その方法とは…

 

続きを動画で見る

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

知っておくべき、小麦で肥満になる理由!

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

小麦による肥満

についてです。

 

 

小麦はパン、うどん、パスタ、ラーメンなどあらゆる食品に含まれています。

 

みんな好きなものばかりではないでしょうか?笑

 

僕も大好きです…^^;

 

小麦の食品は「太りそう」とか「何となく体に悪い」という認識を持たれているかと思いますが、具体的に「なぜ小麦がダメなのか」を答えられますか?

 

小麦の食品がダメなのかというと、

 

小麦に含まれる「グルテン」というタンパク質に原因があります。

 

「グルテン」は粘り気があり、パンやパスタ、うどんなどの麺を作るにあたって必要であり、もちもちした食感を演出してくれます。

 

しかし、グルテンは腸内環境に悪影響を及ぼし、アレルギー反応を起こしたり、便秘血糖値を上げ肥満傾向になるなどの問題点があります。

 

グルテンは麻薬のような依存性があるため、食欲を増進してしまい、ただでさえ血糖値が上がりやすいのに、どんどん食べてしまうという悪循環が生まれます。

 

 

グルテンフリーという言葉もあり、小麦製品を摂らないようにする習慣をつけられる方もいらっしゃいます。

 

でもそれって、相当覚悟がないとできないですよね?

 

僕は無理かもしれません…^^;(パンや麺類は大好きなので)

 

しかしグルテンは健康的に良い影響を与えないということがわかっている以上、控えた方が良いことは確かです。

 

 

なので僕が気をつけていることは、

普段からマゴワヤサシイの食材意識して摂るようにし、腸内環境を整えるていることで、多少グルテンを摂取しても影響が出ないようにする。

ということです。

(マゴワヤサシイについてはダイエットや体質改善には「マゴワヤサシイ」!?をご覧ください)

 

また、グルテンがなぜ良くないのか?ということを知ってると摂りすぎないようになるという心理的な効果があります。

 

また最近はグルテンフリーの麺も売ってたりしますので、試してみるのも良いでしょう。

 

まとめると、グルテンの影響を受けないようにするために、普段の食生活に気をつけ、グルテンは体に悪いということを意識して頂くことで、パンやうどん、パスタなどの小麦製品と「良い距離感」で付き合うことができます。

 

 

小麦製品に依存されている方は、これを機にグルテンの依存から抜け出しましょう!

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【健康的な血液って??】血液の酸性化を防ごう!

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

健康的な血液について

です。

 

 

血液が酸性化に傾くとあらゆる不調をきたすのですが、ご存知でしょうか??

 

そもそも健康的な血液は「弱アルカリ性」に保たれています。

それが酸性に傾くとどうなるのか?というと

 

①免疫力の低下

②疲れやすい

③頭痛

④アレルギー体質

⑤糖尿病やがんを発病しやすい

 

などのリスクがあります。

 

結構怖いですよね(-。-;

 

なぜそうなるのかというと、

血液が酸性化すると、酸性化を戻すために(=中和するために)カルシウムが必要になります。

どうやってカルシウムを血液に送り込むのかというと、骨や歯のカルシウムを溶かし出して血液中に運びます。

このメカニズムを「脱灰」と言います。

 

脱灰が進むと、体内のカルシウムとマグネシウムのバランスが崩れます。

すると、神経系、筋肉系、内分泌系、免疫系など体を健康に保つためのシステムにトラブルを生じます。

 

そうなるとアレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患のリスクが高まる恐れが出てきますし、他にもめまい、てんかん、うつや不眠症など神経系の異常の異常や脱毛や月経前症候群(PMS)など内分泌系の異常を起こすと考えられています。

 

血液の酸性化を促進させるものの代表として、牛乳や乳製品があります。

牛乳や乳製品は動物性タンパク質が多く血液の酸性化を促進させるのですが、カルシウムとマグネシウムのバランスも悪いため、カルシウム過多になり脱灰が促進されてしまいます。

 

そのため、牛乳や乳製品の摂りすぎには注意し、カルシウムとマグネシウムのバランスの取れた食事を心がけましょう!

 

カルシウムとマグネシウムのバランスが取れた食材は、ワカメなどの海藻類、豆腐や納豆などの大豆類、他にもほうれん草などがあります。

 

まとめると、血液の酸性化はあらゆる体調不良の原因になっている。

それを防ぐにはカルシウムとマグネシウムのバランスが取れた食材をとる。

ということになります。

 

体の不調を感じている方は食生活を見直して、カルシウムとマグネシウムのバランスの取れた食事を意識してみてください!

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【注目!!】若返りホルモンで老化を防止せよ!

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

若返りホルモンについて

です。

 

人間は年齢を重ねるとともに、シミやシワ、体力や記憶力の低下は進んでしまいます。

いわゆる「老化」ですね。

 

やはり皆さま、できることなら、この老化をストップさせたいと思っておられるのではないでしょうか?

 

もちろん僕もそうです!笑

 

 

そこで本日は若返りホルモンについてお話していきます。

 

若返りホルモンとはなんなのか?というと

 

「グレリン」という成長ホルモンの一種のことを指します。

 

このグレリンが老化の防止に役立つと言われています。

 

 

なのでこのグレリンの分泌を促すと、老化の防止ができます。

 

ではどうやって、このグレリンの分泌を促せるのか?というところが皆さま知りたいところかと思います。

 

 

ある条件下でグレリンの分泌が促されると言われています。

 

それは…

 

続きを動画で見る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「空腹時」です。

 

空腹時にグレリンの分泌が促されることがわかっています。

 

猿の実験で

あえて猿は食事量を減らし、「空腹を感じさせるようにした猿」と、「好きなだけ食事を摂っていた猿」を比較した実験があります。

 

そうすると明らかに空腹の状況にあった猿の方が若々しいのです。

 

顔のシワや体毛の量などの差は歴然です。

 

その比較した写真がこちらです。

 

※右が腹八分目で空腹感を感じるようにした猿

明らかに違いますよね^^;

 

 

グレリンというのは「サーチュイン遺伝子」の活動を促してくれます。

 

サーチュイン遺伝子というのは古くなった細胞を壊すことで、新しい細胞をより活性化してくれるという機能があります。

なのでサーチュイン遺伝子は細胞レベルで若返りを促してくれます。

 

またグレリンは記憶力にも影響しているとも言われています。

 

ネズミの実験でグレリンを分泌させてネズミとそうでないネズミを比較すると、記憶力に差があったとされています。

 

まとめるとグレリンにはお肌や記憶力に影響し、老化を防止してくれるという作用があり、若返りホルモンと言われています。

 

食べ過ぎてしまう人は腹七分目、八分目を意識して空腹感をしっかり感じるようにしてください。

 

また代謝が悪く、あんまり食事量が多くないのに空腹感を感じない人もいるので、水分をしっかり摂ったり、軽めの運動習慣をつけるなどして代謝を上げて、空腹感をしっかり感じるような体を作っていきましょう!

 

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【人工甘味料の恐怖!】カロリーオフで肥満になる!?

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

「人工甘味料について」

です。

 

 

人工甘味料が含まれる食品は様々あり、なんとなくネガティブなイメージがあると思いますが、今回はもう少し詳しくお伝えしていきます。

 

ズバリ、実際のところ人工甘味料も添加物に分類されるものが多いので、なるべく避けた方が良いです。

 

そしてノンカフェイン・カロリーオフのものに人工甘味料が含まれていたりします。

 

なので「健康やダイエットのためにカロリーオフのものを摂っている」という方は実は健康になっておらず、むしろ肥満への道を突き進んでいる可能性があります。

 

実は人工甘味料には2つの説があります。

それは、

①「人工甘味料を摂ると血糖値が上昇する」という説と

②「人工甘味料は血糖値への影響は低い」という説があります。

 

相反する説なので「どないやねん!」という感じですが

 

重要なことは、それ以外にあります。

 

仮に人工甘味料には血糖値に直接影響しないとします。

しかし人工甘味料という「甘いもの」を摂ったのに、血糖値が上昇しないという矛盾が起き、脳が混乱します。

 

そうすると、もっと「甘いものを摂らなければ」ということになり、ますます「甘いもの」への依存が高まります。

そして、人工甘味料は「コカインよりも依存性が高い」とも言われています!

 

つまり血糖値の上昇に関わらず、人工甘味料には依存性があり、カロリーオフのものでも結果、肥満へと繋がってしまいます。

 

 

人工甘味料とはその名の通り、自然界にあるものではなく、人工的に作られたものなので、人間の消化酵素では分解できないのです。

 

そして人工甘味料の中には発ガン性のある種類のものもあります。

 

人工甘味料を使用されているようなカロリーオフのものや、安いお菓子やチューインガムなどに注意してください。

 

ただ、これほどまでに世の中に人工甘味料が溢れていると、避けるのは難しいので、こういった知識を持ち、バランスをとって行くことが重要になります。

(僕自身、完璧に人工甘味料を避けれていませんし、たまに甘いものは食べたくなるので…^^;)

 

大切なのは、人工甘味料には依存性があり、肥満やあらゆる健康被害のきっかけになるかもしれないという意識を持つことが大切です。

 

健康やダイエット目的でカロリーオフのものを摂っている人は注意してくださいね。

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【質問】あなたは間違ったダイエットしてませんか?

こんにちは!

ボディトータルサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

間違ったダイエットとは!?

です。

 

結論から言います。

 

間違ったダイエットとは「痩せることだけにフォーカスを当てる」ことです。

 

「え?ダイエットって痩せる為にするものでしょ?」

 

はい、その通りです。

 

しかし、それだけしか考えていなければダイエットに失敗してしまいます。

 

そもそも皆さまはダイエットとは何か?と聞かれてどう答えますか?

 

やはり、「痩せること」と答えられる方が多いのではないでしょうか??

 

確かにダイエットには減量の意味もありますが、それ以外に生活習慣病の予防、生活習慣の改善、体型維持も含まれます。

 

つまりダイエットとは「健康になるための一つの手段」ということになります。

 

ここでリバウンドについて考えてみましょう!

 

リバウンドとは簡単にいうとダイエットによって減少した体重が短期間で元に戻るか、ダイエット前よりも体重が増加することを言います。

 

まぁ、ダイエットの天敵ですよね^^;

 

 

リバウンドの経験をされた方は多いかと思います。

 

ダイエットしている人の多くは、正しい知識を知らずにダイエットを行います。

食事制限だけでのダイエットは非常に危険が高く、リバウンドする確率も高くなってしまうのです。

 

では間違ったダイエットの特徴は

体は軽くなるか元気がなくなる。

筋力が落ち、持久力がなくなる。

イライラする。

集中力がなくなる。

 

こういったダイエットをされている方は一時的に痩せたとしても、ダイエットの定義である「健康になる」とは真逆な状態となり、リバウンドの可能性も高くなります。

 

ではここでダイエットをする上で大事なことをお伝えします。

 

いきなり過度な食事制限をする。

必要なエネルギーを摂取する。

水分をしっかりとる。

食事以外の生活習慣を見直す。

 

以上4点がダイエットを行うにあたっての大切なことになります。

 

しかし「これで痩せるの?」と思いますよね?笑

 

もちろんある程度の食事制限は必要ですが、「食べるべきもの」と「食べない方がいいもの」を選んで、生活のリズムを整えるだけで、健康的に痩せていきます。

またはそういった知識を持つ方にサポートしてもらいながら行うのも良いでしょう。

 

今回の内容を一言でまとめると…

 

「健康にならなければダイエットじゃない!」

 

ということです!笑

 

雑なまとめになってしまったかもしれませんが、本当にその通りだと僕は思います。

 

なので皆さまも闇雲にダイエットするのではなく、正しいダイエットに取り組みリバウンドせず健康になってください!

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【ダイエットの鬼門】なぜ食欲に勝てないのか??

こんにちは!

ボディトータルサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

ズバリ!

なぜ食欲に勝てないのか??

です。

 

 

おそらくダイエット中に辛いこと第一位が「食欲」との戦いだと思います。

 

そもそもなぜ食欲を感じてしまうのか?

 

本日はそのメカニズムについてお話していきます。

 

まず「感覚的な食欲」というものがあります。

 

例えばテレビ番組で美味しそうな料理が出てくるとお腹が空いたような気がしてしまうというものです。

実際にお腹が空いているかどうかに関わらず、脳が記憶を刺激して勘違いさせてしまうものです。

しかしこれに関しては、「美味しそうだな」「お腹が空いたな」と思ってもどうしても、よっぽどでない限り、我慢できなくなることは少ないかと思います。

 

問題は「感覚的な食欲」よりも「生理的な食欲」です。

 

「生理的な食欲」はホルモンが深く関係しています。

 

なので、自分の意思でコントロールするのが難しく、我慢しようと思うとイライラしたり、1度食べ始めると止まらなくなったりします。

特に生活習慣やストレスなどの影響を強く受けるので、いきなり食事を我慢しようと思っても一筋縄ではいきません。

しかし逆にいうと、生活習慣を見直せば改善できるということになります。

 

では実際、どういったホルモンが影響しているのかお伝えしていきます。

 

①グレリン

胃の中が空になると血液中に分泌されるホルモンで食欲を引き起こし、同時に成長ホルモンを分泌される。

成長ホルモンは血糖値の低下を改善し、またエネルギー源となるATPを細胞の中でつくるミトコンドリアを活性する。

 

②インスリン

摂食によって血中の糖分が高くなると膵臓から分泌されるホルモン。糖尿病はインスリンが出なくなり、血糖が上がりすぎる病気。

 

③インクレチン

朝から分泌されるホルモンで、インスリンの分泌を高める。

 

④レプチン

痩せる作用を持つホルモン。

レプチンが増加→脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、満腹感を感じ、食欲が抑制される。

レプチンが減少→レプチンの血中濃度が下がると、食欲が増大。

 

この4つのホルモンが食欲に関わってきます。

どれも大事なのですが、今回は食欲を抑えるということにフォーカスを絞って、お伝えしたいと思います。

 

特に食欲の抑制に関わっているのが、④のレプチンです。

 

レプチンの作用は満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれるので、ダイレクトに食欲のコントロールに関わってきます。

 

しかし自分自身でホルモンのコントロールはできません。

 

ではどうすればいいのか?というと

 

「早食いをやめる」

レプチンが分泌されるのは食後20分後です。

つまりレプチンが分泌される前に食べ過ぎないように、よく噛んでゆっくり食べることが重要ということになります。

 

「睡眠をしっかりとる」

5時間睡眠のグループと8時間睡眠のグループを比較すると、8時間睡眠のグループの方が約15%もレプチンが多いという実験結果ができています。

そして睡眠不足の状態だと、逆に食欲を増進させるグレリンの割合が増えるので要注意です。

 

レプチンが増える食材を積極的に摂る」

主にタンパク質がレプチンを増やしてくれます。

しかし肉などの動物性タンパク質では摂りすぎでコレステロールが増えてしまっては元も子もありません。

なので健康的にタンパク質としてオススメするのが、植物性タンパク質である大豆製品です。

食欲を抑えるために、マルチな健康食品の大豆製品を積極的に摂るようにしてください。

 

まとめると、食欲を抑えるにはレプチンを増やす必要があり、レプチンを増やすには①早食いをやめる、②睡眠をしっかりとる、③大豆製品を積極的に摂る。

となります。

 

食欲のメカニズムをわかっていると、お腹が空いているような気がしているだけだと思えるので、不思議と我慢できたりしますし、加えてレプチンを増やす3つの習慣を取り入れて頂くことで、食欲に負けることなくダイエットに成功できることでしょう。

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【痩せたい方必見!!】太らない食べ方について

こんにちは!

ボディ・メンタルサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

痩せたい方必見!!「太らない食べ方について」

です。

 

普段ついつい「お腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまう」とか「そんなに食事の量は多くないのに痩せない」とか色んなお悩みがあるかと思います。

 

そこで本日は太らないためには、「どういう食べ方が良いのか?」「どういったところに注意すれば良いのか?」というところをお伝えしていきます。

 

まず1つ目は

「食べる順番」です。

 

例として、白米、メインのおかず、サラダ(生野菜)、汁物、発酵食品が食卓に並んでいたとします。

 

あなたは最初にどれから口をつけますか?

 

正しい順番をしては、汁物→サラダ(生野菜)→発酵食品→おかず→白米です。

 

基本的には血糖値の上昇を緩やかにすることがポイントなのですが、この中で一番血糖値の上昇率が高いのが白米です。

まずは血糖値の上昇を緩やかにしてくれる、汁物や野菜から食べて、その後におかず、そして血糖値の上昇率が最も高い白米を一番最後に食べます。

 

あと意識していただくポイントとしては、一口目を食べて、5分以上空けてからご飯を食べるようにしてください。

 

そして食事の30分〜40分前に水を200mlほど飲むと消化がスムーズになりますので、こちらも併せて実践してみてください。

 

 

 

そして2つ目は

「砂糖と脂質は一緒に摂らないようにする」

 

これはどういう事かというと、食事の時の飲み物をジュースなどにしたり、食後のデザートにケーキを食べたり、砂糖入りのコーヒーを飲んだりすると、「皮下脂肪」になりやすいです。

もし食後のデザートを食べるのであれば2時間以上空けて食べるようにしてください。(ただし夜は避けて頂いた方が良いです^^;)

 

 

 

そして3つ目は

「早食いはNG」

 

これは当たり前ですが、早食いは肥満の元です。

 

脳は食事開始後、15分〜30分後に「そろそろお腹いっぱいですよ」というサインを出します。

なので早食いは過食につながります。

ゆっくりよく噛んで食べることで、食べ過ぎないうちに満腹のサインが出て、満足感を得られます。

ただし、何かしながら食べる事はやめてくださいね!

食べることに集中できないため満腹サインに気づかずに食べ過ぎてしますことがあります。

 

 

 

そして4つ目は

「脂質の摂りすぎに注意!」

 

これも当たり前の話ですが(-。-;

人間のエネルギー源である、糖質・タンパク質・脂質の中で、脂質は一番脂肪に変わりやすいので、摂り過ぎには注意してください!

 

 

 

そして5つ目

 

「なるべくコンビニやスーパーの弁当・惣菜に頼らない」

 

こういうお弁当には保存料などの添加物が入ってますし、塩分や糖分、脂質が多くなってますので、内臓に負担がかかりますし、あまりおすすめはできません。

 

 

 

以上が太らないための食べ方になります。

この方法を取り入れるだけでも変わってくると思うので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

【質問】「更年期障害」対策してますか?

こんにちは!

ボディ・メンタルサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

質問!「更年期障害」対策してますか?

です。

 

 

特に女性の方は更年期障害に敏感ではないでしょうか?

 

最近は男性も更年期障害になると言われています。

 

 

更年期障害がなぜ起こるのか?というとホルモンが関係しています。

 

 

女性の場合はエストロゲン、男性はテストステロンの分泌量が減少してホルモンのバランスが崩れることで更年期障害になります。

 

どうしても年齢を重ねるにつれ、ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。

特に女性は生理が終わって閉経すると、極端にホルモンの分泌が減少してしまいます。

 

なので対策としては、内側からホルモンが分泌されないのであれば、外側から摂取して補うということが必要になってきます。

 

 

ではどういった食材を摂るといいのかというと、エストロゲンの場合ですと、大豆イソフラボンがエストロゲンに似た働きをしてくれます。

なので豆腐や納豆、みそなどの大豆製品を意識して摂って頂くと良いです。

 

男性のテストステロンの場合は亜鉛が良いとされています。

亜鉛は牡蠣、魚介類やナッツ類に含まれています。

またビタミンは亜鉛の吸収を良くしてくれるので、ビタミンも一緒に摂って頂くと、より効果的です。

 

つまり女性も男性も大豆、亜鉛やマグネシウムなどのミネラル、ビタミンを摂ることが大切になってきます。

 

 

続きを動画で観る

↓↓↓↓↓↓↓↓

基本的にはやはり和食がバランスよく栄養素を摂理やすいです。

 

特に玄米マゴワヤサシイの食材がおすすめです!

(マゴワヤサシイに関してはダイエットや体質改善には「マゴワヤサシイ」!?をご覧ください)

 

忙しくて外食が多くなったり、洋食の脂っこいものばかり摂ってると、腸に悪影響を及ぼしてしまいます。

そうなるとホルモンの分泌が減少してしまい、更年期障害に繋がってしまいます。

 

食事以外で気をつけることは生活のリズムを整える、適度な運動をする、ということになります。

当たり前のことなんですけれど、なかなかそれができないと思います。

 

ホルモンは体調を整えるのに重要な役割を担ってますので馬鹿にせず、食生活や日々の習慣を見直して、体調を整えてお仕事などをスムーズにこなせるように、イライラせず乗り越えられるように気をつけて頂ければと思います。

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!