【健康的な血液って??】血液の酸性化を防ごう!

  • LINEで送る

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

健康的な血液について

です。

 

 

血液が酸性化に傾くとあらゆる不調をきたすのですが、ご存知でしょうか??

 

そもそも健康的な血液は「弱アルカリ性」に保たれています。

それが酸性に傾くとどうなるのか?というと

 

①免疫力の低下

②疲れやすい

③頭痛

④アレルギー体質

⑤糖尿病やがんを発病しやすい

 

などのリスクがあります。

 

結構怖いですよね(-。-;

 

なぜそうなるのかというと、

血液が酸性化すると、酸性化を戻すために(=中和するために)カルシウムが必要になります。

どうやってカルシウムを血液に送り込むのかというと、骨や歯のカルシウムを溶かし出して血液中に運びます。

このメカニズムを「脱灰」と言います。

 

脱灰が進むと、体内のカルシウムとマグネシウムのバランスが崩れます。

すると、神経系、筋肉系、内分泌系、免疫系など体を健康に保つためのシステムにトラブルを生じます。

 

そうなるとアレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患のリスクが高まる恐れが出てきますし、他にもめまい、てんかん、うつや不眠症など神経系の異常の異常や脱毛や月経前症候群(PMS)など内分泌系の異常を起こすと考えられています。

 

血液の酸性化を促進させるものの代表として、牛乳や乳製品があります。

牛乳や乳製品は動物性タンパク質が多く血液の酸性化を促進させるのですが、カルシウムとマグネシウムのバランスも悪いため、カルシウム過多になり脱灰が促進されてしまいます。

 

そのため、牛乳や乳製品の摂りすぎには注意し、カルシウムとマグネシウムのバランスの取れた食事を心がけましょう!

 

カルシウムとマグネシウムのバランスが取れた食材は、ワカメなどの海藻類、豆腐や納豆などの大豆類、他にもほうれん草などがあります。

 

まとめると、血液の酸性化はあらゆる体調不良の原因になっている。

それを防ぐにはカルシウムとマグネシウムのバランスが取れた食材をとる。

ということになります。

 

体の不調を感じている方は食生活を見直して、カルシウムとマグネシウムのバランスの取れた食事を意識してみてください!

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

Follow me!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*