知っておくべき、小麦で肥満になる理由!

  • LINEで送る

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

小麦による肥満

についてです。

 

 

小麦はパン、うどん、パスタ、ラーメンなどあらゆる食品に含まれています。

 

みんな好きなものばかりではないでしょうか?笑

 

僕も大好きです…^^;

 

小麦の食品は「太りそう」とか「何となく体に悪い」という認識を持たれているかと思いますが、具体的に「なぜ小麦がダメなのか」を答えられますか?

 

小麦の食品がダメなのかというと、

 

小麦に含まれる「グルテン」というタンパク質に原因があります。

 

「グルテン」は粘り気があり、パンやパスタ、うどんなどの麺を作るにあたって必要であり、もちもちした食感を演出してくれます。

 

しかし、グルテンは腸内環境に悪影響を及ぼし、アレルギー反応を起こしたり、便秘血糖値を上げ肥満傾向になるなどの問題点があります。

 

グルテンは麻薬のような依存性があるため、食欲を増進してしまい、ただでさえ血糖値が上がりやすいのに、どんどん食べてしまうという悪循環が生まれます。

 

 

グルテンフリーという言葉もあり、小麦製品を摂らないようにする習慣をつけられる方もいらっしゃいます。

 

でもそれって、相当覚悟がないとできないですよね?

 

僕は無理かもしれません…^^;(パンや麺類は大好きなので)

 

しかしグルテンは健康的に良い影響を与えないということがわかっている以上、控えた方が良いことは確かです。

 

 

なので僕が気をつけていることは、

普段からマゴワヤサシイの食材意識して摂るようにし、腸内環境を整えるていることで、多少グルテンを摂取しても影響が出ないようにする。

ということです。

(マゴワヤサシイについてはダイエットや体質改善には「マゴワヤサシイ」!?をご覧ください)

 

また、グルテンがなぜ良くないのか?ということを知ってると摂りすぎないようになるという心理的な効果があります。

 

また最近はグルテンフリーの麺も売ってたりしますので、試してみるのも良いでしょう。

 

まとめると、グルテンの影響を受けないようにするために、普段の食生活に気をつけ、グルテンは体に悪いということを意識して頂くことで、パンやうどん、パスタなどの小麦製品と「良い距離感」で付き合うことができます。

 

 

小麦製品に依存されている方は、これを機にグルテンの依存から抜け出しましょう!

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

Follow me!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*