【注目!!】若返りホルモンで老化を防止せよ!

  • LINEで送る

こんにちは!

トータルボディサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

若返りホルモンについて

です。

 

人間は年齢を重ねるとともに、シミやシワ、体力や記憶力の低下は進んでしまいます。

いわゆる「老化」ですね。

 

やはり皆さま、できることなら、この老化をストップさせたいと思っておられるのではないでしょうか?

 

もちろん僕もそうです!笑

 

 

そこで本日は若返りホルモンについてお話していきます。

 

若返りホルモンとはなんなのか?というと

 

「グレリン」という成長ホルモンの一種のことを指します。

 

このグレリンが老化の防止に役立つと言われています。

 

 

なのでこのグレリンの分泌を促すと、老化の防止ができます。

 

ではどうやって、このグレリンの分泌を促せるのか?というところが皆さま知りたいところかと思います。

 

 

ある条件下でグレリンの分泌が促されると言われています。

 

それは…

 

続きを動画で見る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「空腹時」です。

 

空腹時にグレリンの分泌が促されることがわかっています。

 

猿の実験で

あえて猿は食事量を減らし、「空腹を感じさせるようにした猿」と、「好きなだけ食事を摂っていた猿」を比較した実験があります。

 

そうすると明らかに空腹の状況にあった猿の方が若々しいのです。

 

顔のシワや体毛の量などの差は歴然です。

 

その比較した写真がこちらです。

 

※右が腹八分目で空腹感を感じるようにした猿

明らかに違いますよね^^;

 

 

グレリンというのは「サーチュイン遺伝子」の活動を促してくれます。

 

サーチュイン遺伝子というのは古くなった細胞を壊すことで、新しい細胞をより活性化してくれるという機能があります。

なのでサーチュイン遺伝子は細胞レベルで若返りを促してくれます。

 

またグレリンは記憶力にも影響しているとも言われています。

 

ネズミの実験でグレリンを分泌させてネズミとそうでないネズミを比較すると、記憶力に差があったとされています。

 

まとめるとグレリンにはお肌や記憶力に影響し、老化を防止してくれるという作用があり、若返りホルモンと言われています。

 

食べ過ぎてしまう人は腹七分目、八分目を意識して空腹感をしっかり感じるようにしてください。

 

また代謝が悪く、あんまり食事量が多くないのに空腹感を感じない人もいるので、水分をしっかり摂ったり、軽めの運動習慣をつけるなどして代謝を上げて、空腹感をしっかり感じるような体を作っていきましょう!

 

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

Follow me!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*