【痩せたい方必見!!】太らない食べ方について

  • LINEで送る

こんにちは!

ボディ・メンタルサポーターの岩村です。

 

本日もダイエットや体質改善に関するヒントやアイデアをお伝えしていきます。

 

 

本日のブログは

痩せたい方必見!!「太らない食べ方について」

です。

 

普段ついつい「お腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまう」とか「そんなに食事の量は多くないのに痩せない」とか色んなお悩みがあるかと思います。

 

そこで本日は太らないためには、「どういう食べ方が良いのか?」「どういったところに注意すれば良いのか?」というところをお伝えしていきます。

 

まず1つ目は

「食べる順番」です。

 

例として、白米、メインのおかず、サラダ(生野菜)、汁物、発酵食品が食卓に並んでいたとします。

 

あなたは最初にどれから口をつけますか?

 

正しい順番をしては、汁物→サラダ(生野菜)→発酵食品→おかず→白米です。

 

基本的には血糖値の上昇を緩やかにすることがポイントなのですが、この中で一番血糖値の上昇率が高いのが白米です。

まずは血糖値の上昇を緩やかにしてくれる、汁物や野菜から食べて、その後におかず、そして血糖値の上昇率が最も高い白米を一番最後に食べます。

 

あと意識していただくポイントとしては、一口目を食べて、5分以上空けてからご飯を食べるようにしてください。

 

そして食事の30分〜40分前に水を200mlほど飲むと消化がスムーズになりますので、こちらも併せて実践してみてください。

 

 

 

そして2つ目は

「砂糖と脂質は一緒に摂らないようにする」

 

これはどういう事かというと、食事の時の飲み物をジュースなどにしたり、食後のデザートにケーキを食べたり、砂糖入りのコーヒーを飲んだりすると、「皮下脂肪」になりやすいです。

もし食後のデザートを食べるのであれば2時間以上空けて食べるようにしてください。(ただし夜は避けて頂いた方が良いです^^;)

 

 

 

そして3つ目は

「早食いはNG」

 

これは当たり前ですが、早食いは肥満の元です。

 

脳は食事開始後、15分〜30分後に「そろそろお腹いっぱいですよ」というサインを出します。

なので早食いは過食につながります。

ゆっくりよく噛んで食べることで、食べ過ぎないうちに満腹のサインが出て、満足感を得られます。

ただし、何かしながら食べる事はやめてくださいね!

食べることに集中できないため満腹サインに気づかずに食べ過ぎてしますことがあります。

 

 

 

そして4つ目は

「脂質の摂りすぎに注意!」

 

これも当たり前の話ですが(-。-;

人間のエネルギー源である、糖質・タンパク質・脂質の中で、脂質は一番脂肪に変わりやすいので、摂り過ぎには注意してください!

 

 

 

そして5つ目

 

「なるべくコンビニやスーパーの弁当・惣菜に頼らない」

 

こういうお弁当には保存料などの添加物が入ってますし、塩分や糖分、脂質が多くなってますので、内臓に負担がかかりますし、あまりおすすめはできません。

 

 

 

以上が太らないための食べ方になります。

この方法を取り入れるだけでも変わってくると思うので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

京都、松井山手の体質改善・ダイエット専門整体院

 

 

 

失敗続きのダイエット

 

冷え性

 

疲れやすい

 

更年期障害

 

自律神経失調症

 

酷いアレルギー

 

諦めないでください!!

 

ファスティングについて詳しくはこちら!

 

無料相談はこちら!

Follow me!

7つの習慣だけで無理なく10歳若返るための無料メールセミナー

世界一ずるい若返りダイエット!!

流行りのダイエット法や健康法に振り回されるのはもうやめにしませんか?

ファスティングマイスターであり、
腰痛改善率91.7%の整体師である岩村が
「若返りダイエットのための成功法則」をお伝えします!

さらに2大特典も!!
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*