ヒゲが濃いとモテない理由【原因と対策もお伝えします】

ヒゲが濃い人がモテない理由【原因と対策もお伝えします】

「ヒゲが濃い」=モテない?

「ヒゲが濃く、毎朝剃っているのに夕方にはもう生えてくる。」

「剃った直後でも青ヒゲになっている。」

そんなコンプレックスを抱え、男としての自信が持てないというお悩みはありませんか?

濃いヒゲを男らしいと感じる女性もいますが、今の時代モテるためには見た目の印象がかなり重要です。

もちろん、体毛が濃くてもモテる人はいます。

似合っている方やあえてヒゲを生やしてキレイに整えている方もいらっしゃいますが、よっぽどワイルドな顔立ちじゃないと似合いません。

では、なぜヒゲが濃すぎるとなぜモテないのか?

そういったところを解説しつつ、原因対策についてもお伝えしてしていきます。

ヒゲが濃いと清潔感がない

それはモテるために重要な要素である「清潔感」が損なわれてしまうからです。

清潔感は第一印象に大きく影響するので、絶対にクリアしておきたいポイントなのですが、ファッションや表情がよくてもヒゲが濃いというだけで、マイナスポイントになってしまうこともあります。

青ヒゲや剃り残しがある状態よりも、綺麗な方がもちろん清潔感がありますし、第一印象も良いのでその後のコミュニケーションもスムーズに進めることができます。

体毛が濃いと思われてしまう

ヒゲが濃いと他の部分の毛も濃いんじゃないかと思われます。

胸毛やすね毛が濃いこともあまり好ましく思わない女性が多いので、もしあなたがヒゲだけが濃いのだとしても、全身の毛が濃いと勘違いされてしまいます。

顔のムダ毛は一番目立つので、ヒゲのチェックは怠らないようにしましょう。

カミソリ負けやニキビなどの肌トラブル

濃いヒゲを頻繁に剃ったりしていると、どうしてもカミソリ負けやニキビなどの肌トラブルが出てきやすいです。

女性は男性よりも圧倒的に肌の状態に敏感なので、相手のちょっとして肌トラブルも気になってしまいます。

「肌が荒れてるな」とか「だらしないな」と思われると、当然女性の好感度は下がってしまうので、出来るだけ良い肌の状態をキープしましょう。

濃いヒゲの原因

ヒゲが濃いとモテない理由を解説してきましたが、なぜそもそもヒゲが濃くなるのでしょうか?

その原因について解説していきます。

食生活が乱れている

ヒゲが濃い原因として男性ホルモンの分泌が多いといった原因があります。

実は食生活が乱れていると男性ホルモンの分泌が促進され、ヒゲが濃くなってしまいます。

例えば

  • ファストフードをよく食べる
  • 野菜が少なく肉が多い
  • 深夜に食べることがある
  • お菓子をよく食べる

など。

特にファストフードが多かったり、肉などの動物性タンパク質を多く摂りすぎていると、男性ホルモンの分泌が促進されてしまいます。

ストレス

ストレスが原因でヒゲが濃くなってしまうこともあります。

ストレスはホルモンの分泌に関与していて、それが乱れると結果的に男性ホルモンの分泌を過剰に促進してしまうことがあります。

上記の通り、男性ホルモンの過剰分泌はヒゲを濃くしてしまう原因となります。

ストレスが濃いヒゲの原因というのはあまりイメージしにくいかもしれませんが、ストレスを受けるようになってからヒゲが濃くなったというケースも実際にあります。

間違った剃り方をしている

間違った剃り方をしていると、ヒゲが濃くなってしまったり、剃り残しやカミソリ負けなどの原因になってしまいます。

電気シェーバーを使うと皮膚トラブルは防げるのですが、安価なものだとあまり深剃りできず、結局カミソリを使ってしまいがちです。

そしてカミソリで皮膚を傷つけてしまい、皮膚を守ろうとしてヒゲがより一層濃くなってしまう、という悪循環に陥ってしまいます。

濃いヒゲへの対策

食生活を見直す

まず乱れた食生活を整えることで、ホルモンの分泌を整えます。

そして特に意識していただきたいのが、植物性のタンパク質を摂るということです。

上でも説明した通りお肉などの動物性タンパク質は男性ホルモンの分泌を促進してしまいます。

しかしタンパク質は重要なエネルギー源ですし、栄養バランスが崩れると頭皮にもよくないので、植物性タンパク質を意識しましょう。

植物性タンパク質とは、いわゆる大豆製品ですね。

大豆はタンパク質だけでなく、美容にとっても重要な大豆イソフラボンという栄養素が含まれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きを持つため、男性ホルモンが原因で起こる「濃い体毛」や「薄毛」にも効果的です。

睡眠の質を上げてストレスを軽減する

現代社会ではストレスを軽減するのは難易度が高いかもしれません。

ストレスの元を解決するのが理想的ですが、睡眠の質を上げるだけでもストレスは軽減されます。

例えば、

  • お風呂はシャワーではなく湯船に浸かる
  • アロマを焚く
  • 寝る直前にスマホやパソコンを見ない

これらを心がけるだけでも、自律神経が整って睡眠の質が向上されるので、ぜひ実践してみてくださいね。

正しいヒゲの剃り方をする

カミソリでヒゲを剃る場合、肌を傷つけてしまうことが多いので、出来るだけ肌に優しい剃り方を身につける必要があります。

では正しいヒゲの剃り方です。

ステップ① お湯で湿らせる

お湯でヒゲを湿らせることで、まずヒゲを柔らかくさせます。

そうすることで、引っかかりなどがなくなりスムーズにシェービングすることができます。

ちなみに僕は朝シャワーを浴びながらヒゲを剃るんですが、楽なのでおすすめですよ!

ステップ② シェービングフォームやクリームをしっかりつける

満遍なく全体にシャービングフォームやクリーム塗ります。

そうすることで、カミソリの滑りが良くなり、肌の保湿効果も得られるので、肌にとって大切なことなので必須ですね。

ステップ③ 優しく丁寧なシェービング

深ぞりをしようとして、つい力を入れてしまったり、朝時間がないため、焦って雑に剃ってしまうと当然肌にとってよくありません。

焦らずゆっくり丁寧にシャービングすることを心がけましょう。

ステップ④ 順剃りと逆剃りを駆使する

ヒゲの生える方向は様々なので、一定の方向に剃るだけでは剃り残しができてしまいます。

逆剃りも取り入れながら剃る必要がありますが、肌を切ってしまうリスクもあるので、ステップ③にあるように優しく丁寧なシェービングを心がけましょう。

ステップ⑤ 剃り終わったらアフターシェーブや保湿剤をつける

洗い流した後にしっかり保湿しておくことで、肌への負担を大幅に減らすことができ、肌荒れを防ぐことができます。

カミソリではなく最近の電気シェーバーも深剃りしてくれるので、おすすめです。

ただし安価なものはあまり剃れないので、ちゃんとしたものを選ぶ必要があります。

ヒゲが濃い人におすすめのシェーバー

パナソニック ラムダッシュ  ES-LV7D-T

こちらのパナソニックのラムダッシュは「5Dアクティブサスペンション」搭載で、肌に負担をかけずに深剃りできるので、頑固な濃いヒゲでも対応できます。

また、音波洗浄モードを搭載した全自動洗浄器が付属されており、細かく早い動きで皮脂やヒゲのクズを落としきることができます。


ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ9 9293s 5カットシステム 密着3Dヘッド 人工知能 自動調整 水洗い お風呂剃り可

安定のブラウンの電気シェーバーです。

ひとつの網刃の中に899種類もの異なる形状の網目を配置することで、様々な向きに生えるヒゲをヘッド全体で根本からヒゲをとらえます。

またお風呂剃りにも対応していて、シェーバー本体の水洗いOKなのも嬉しいですね!


フィリップス 9000シリーズ メンズ 電気シェーバー 72枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 トリマー付

輪郭検知テクノロジーにより、8方向に可動するヘッドが顔のどんな凹凸にも超密着で深剃りを実現。

そしてボタンひとつで、充電から洗浄・乾燥・潤滑化まで可能な、「洗浄充電器スマートクリーン」も付属してます。

超おすすめなのは脱毛すること

やはり脱毛してしまうことが一番のおすすめですね。

脱毛してしまえば、深剃りする必要はありませんし、ヒゲを剃る頻度もかなり少なくなるので、肌トラブルもなくなります。

当然青ヒゲもなくなるので、かなりの清潔感と女性からの好感を得られます。

モテることはもちろんなのですが、時間の節約にもなるので、かなりのストレスの軽減を図れます。

実は僕も脱毛していますが、朝の忙しい時にヒゲを剃る手間を削減でき、かなり楽になりましたし、女性からの反応も変わりました。

控えめに言って「人生変わるレベル」で快適ですね。

おすすめのメンズ脱毛サロン

全国展開12万人の実績!男性専門の美容サロン【RINX】

こちらは何を隠そう僕が通ったサロンです!笑

  • 日本初の男性専用脱毛機をRINXが完全独自開発
  • 全国49店舗で12万人の実績
  • 太く濃い毛へのアプローチ、痛みの少ない快適脱毛を実現
  • 肌負担の抑制による高い安全性、毛質
  • 肌質に合わせたパーソナルな設定が可能 ・徹底的な衛生管理

そして今なら男性専門の美容サロン で【先着30名様限定】最大70%OFFプラン実施中らしいので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

今回はヒゲが濃いとモテない理由とその原因と対策についてお伝えしてきました。

お悩みの方はぜひ参考にしていただいて、女性からの好感男としての自信を手にして下さい。