【女の子と話したい】根暗でもスムーズに会話できるコツ

【女の子と話したい】根暗でもスムーズに会話できるコツ

「人見知りで自分から女性に話しかけられない」

「女性と話すのが苦手で目も見れない」

こんなお悩みはありませんか?

ズバリ解決策は「バカになること」です。

  • 自分ができる人間に思われたい
  • カッコつけたい
  • 上手く話そうとする

これらの考えが邪魔をしてしまって上手く話せなくなります。

このような人は頭が良い人が多く、考え過ぎてしまって上手く言葉が出てこなかったり、根暗な雰囲気を醸し出してしまいます。

なので円滑なコミュニケーションを取るためにはバカになることを意識しましょう。

この記事では「バカになる」とはどういうことか?

バカになって女性とうま話す方法について解説していきます。

女性と会話するコツ=バカになる

初対面の女性とうまく話せない

本当にその気持ちはよく分かります。

僕自身がそうだったからです。

さらに、

たまに話す機会があると、うまく話せず自己嫌悪になってしまう

自意識過剰なのは分かってるけど変われない

など負のスパイラルに陥ってしまいます。

冒頭でもお伝えしたようにこれらを取っ払ってコミュニケーションを取るにはバカになることです。

ただバカになるとは言ってもテンションを無駄に上げたり、ただトンチンカンなことだけ言っていればいいのかというとそうではありません。

バカになるには正しいテクニックが必要となります。

①相手の言葉をおうむ返しする

この言葉だけ聞くとバカっぽいですが、実はおうむ返しは会話のテクニックとして有効です。

ただしちょっとしたコツがいります。

 ・言葉の半分をもしくは30%くらいをおうむ返しする

 ・おうむ返しプラスαを意識する

全部の言葉をおうむ返しすると「私のこと馬鹿にしてるの!?」と思われてしまいます。

なので、コツとしては話の3〜5割をおうむ返しするようにしましょう。

例えば、

笑顔の女性

来週友達と北海道旅行に行くんだ!

笑顔の男性

来週北海道なんだ!?いいなぁ〜。

といった感じで、会話の要点を繰り返すようにしましょう。

そうすることで、相手に「ちゃんと聞いてくれているんだ」という安心感を与えることができますし、難易度は低いので言葉が出てこない人にはおすすめです。

②失敗談を話す

女性の前で失敗談をするとダサいと思われるんじゃないか?という不安があると思います。

しかし実際は失敗を話すことで、相手は「この人もこんな失敗をするんだ」と親近感を持ってくれます。

笑顔の男性

今日、朝寝坊してしまって急いでたら靴下が左右バラバラで来ちゃった

笑顔の女性

えー??ホントだ!ダサっ笑

このように些細なことで全然構いませんので、自分の失敗談を語ることで小さな笑いが生まれ、話しやすくなります。

日頃からこのような些細な失敗談をストックしておき、会話に困った時に使いましょう。

③返答は内容よりスピード重視

女性と会話する流れになったら、上手く返そうとしてレスポンスが遅くなるのはNGです。

面白いとか頭が良いと思われようとすると、返答が遅くなってしまい、会話にリズムがなくなってしまいます。

人はスムーズでリズミカルな会話を好むので、違和感があると話したくなくなってしまいます。

まずは深く考えすぎず、何でもいいので返答しましょう。

しかし、早く返すと間違った返答をしてしまって変な空気になってしまうこともありますよね。

その時は「あれ?変な空気になってる?」とおどけて言ってみると一気に空気を変えることができ、むしろ好感を得ることができます。

これは、お笑い芸人が滑った時に使うテクニックですが、非常に便利なので困った時は使いましょう。

そもそも話しかけられない

紹介したテクニックは会話中に使えるものですが、そもそも女性に自分から話しかけられないというお悩みもあるかと思います。

そのような方はまず挨拶から始めましょう。

そしてあいさつに慣れてきたら、さらに+αしていきます。

具体的には、

パターン①

笑顔の男性

おはよう、あれ?何か疲れてる?

笑顔の女性

そう?そんなことないよ。

笑顔の男性

なら良かった。でも最近暑いからすぐバテるわぁ

笑顔の女性

分かる!体力奪われるよね

といったように、挨拶にプラスαで体調を気遣ってあげると好印象です。

パターン②

笑顔の男性

おはよう、髪切った?

笑顔の女性

うん、少しね!

笑顔の男性

よく似合ってるね!

笑顔の女性

本当?ありがとう!

挨拶にプラスαで変化に気づいてあげて、それをしっかり表現しましょう。

自然な流れで相手のことを褒めることができるので、さらに好感度アップになります。

ご紹介した上記の2つのパターンには共通点があります。

それは「相手の変化に興味を持って気づく」ということです。

挨拶のプラスαはそういった部分を意識するとスムーズに会話に入ることができます。

まとめ

さて、今回は根暗な男性が女性と話すためのテクニックをご紹介しましたが、あくまで根暗だったり普段無口な人が使うことで本領発揮します。

元々喋るのが好きだったり、明るくうるさいくらいの人がこれらのことを意識するとやり過ぎて嫌われてしまいます。

自分は根暗で初対面の女性と上手く話せないという自覚のある方はぜひ参考にしてみて下さいね。